社会福祉法人 足利むつみ会沿革本文へジャンプ

 年 次  事 業 内 容
昭和58(1983)年  4月 「きたざと学園」設立準備会発足
昭和59(1984)年  12月 「社会福祉法人 足利むつみ会」設立
昭和60(1985)年   4月 知的障害者通所授産施設「きたざと学園」開所(定員30名)
平成 2(1990)年   4月 知的障害者通所授産施設「きたざと学園」定員変更(定員35名)
グループホーム「あゆみの家」開所(定員5名)
平成 4(1992)年   4月 知的障害者通所授産施設「きたざと学園」定員変更(定員60名)
平成 7(1995)年  10月 「ケアサービスきたざと」療育等支援事業・市単ホームヘルプサービス等開始
平成10(1998)年 4月 知的障害者通所更生施設「デイ・アクティビティセンター銀河」開所(定員20名)
「デイサービスセンターWIN」開所(定員1日15名以上)
知的障害者通所授産施設「きたざと学園」定員変更(定員45名)
放課後健全育成事業「ビタミンクラブ」開始(定員10名)
「ケアサービスきたざと」を「生活支援センターアシスト」に名称変更(送迎サービスを開始) 
 10月 「生活支援センターアシスト」ケアマネジメント体制整備推進事業開始 
平成11(1999)年 4月 「生活支援センターアシスト」県単レスパイト事業開始  
 平成12(2000)年  10月 「生活支援センターアシスト」障害児(者)療育等支援事業開始   
 11月 「生活支援センターアシスト」足利市ホームヘルプサービス事業開始    
 平成13(2001)年  4月 知的障害者通所授産施設「きたざと学園」定員変更(定員60名)
「きたざと学園」「デイ・アクティビティセンター銀河」障害児(者)短期入所事業開始  
 10月 グループホーム「ドナルド」「デイジー」開所(各定員4名)
グループホーム「あゆみの家」休止 
 平成14(2002)年  4月 「生活支援センターアシスト」佐野市ホームヘルプサービス事業開始     
 平成15(2003)年  4月 「きたざと学園」から「社会就労センターきたざと」へ名称変更
知的障害児デイサービス「Kids WIN」開始(定員20名)
「デイサービスセンターWIN」定員変更(定員25名)
「足利むつみ会足利障害者相談支援センター」開所
「生活支援センターアシスト」レスパイトサービスをタイムケアサービスに事業名変更
「生活支援センターアシスト」障害児(者)短期入所事業開始
「生活支援センターアシスト」介護保険ホームヘルプサービス開始 
 7月 学齢障害児療育訓練モデル事業を栃木県から受託
 平成18(2006)年  4月 「足利むつみ会足利障害者相談支援センター」足利市の単独委託に変更
「プレ就業・生活支援事業」を栃木県から受託 
 7月 「生活支援センターアシスト」介護予防訪問介護事業開始 
 9月 知的障害者通所授産施設「社会就労センターきたざと」 分場「セルプみなみ」開所(定員10名)
「デイサービスセンターWIN」廃止
 10月 新体系事業として「デイ・センターWIN」 を開所(生活介護事業定員20名)
グループホーム「ドナルド」「デイジー」をグループホーム・ケアホームへ移行(「ドナルド」定員5名「デイジー」定員4名)
知的障害児デイサービス「Kids WIN」定員変更(定員10名)
「足利むつみ会足利障害者相談支援センター」指定相談支援事業開始
「生活支援センターアシスト」居宅介護・重度訪問介護・行動援護・地域生活支援事業(日中一時・移動支援事業)委託一時保護事業を開始
 平成19(2007)年  3月 知的障害児デイサービス「Kids WIN」廃止
「生活支援センターアシスト」居宅介護支援事業開始 
 4月 「セルプみなみ」を分場から新体系事業に改め多機能型事業所として開始(就労継続B型定員10名、生活介護定員10名)
「両毛圏域障害者就業・生活支援センター」就業・生活支援センター事業開始
「生活支援センターアシスト」居宅介護予防支援事業開始
 6月 「生活支援センターアシスト」全事業を廃止
 7月 「特別養護老人ホーム青空」開所(定員50名)
短期入所生活支援事業として、「特別養護老人ホーム青空ショートステイ」開始(定員10名)
「ヘルパーステーション青空」開始に伴い、「生活支援センターアシスト」の事業を継承
 8月 認知症対応型通所介護「デイサービスセンター青空」開始(定員12名)
「特別養護老人ホーム青空ショートステイ」障害児(者)短期入所事業を開始(定員空床4名)
 9月 グループホーム「あゆみの家」再開(定員4名)
 平成20(2008)年  3月 「ヘルパーステーション青空」廃止 
 4月 知的障害者通所授産施設「社会就労センターきたざと」 が新体系事業に移行し、多機能型事業所として開始(就労移行支援事業定員10名、就労継続支援事業B型定員20名、生活介護事業定員30名)
「セルプみなみ」定員変更(就労継続支援事業B型・生活介護事業 各定員15名)
 10月 短期入所生活介護事業「特別養護老人ホーム青空ショートステイ」定員変更(定員20名)
 平成22(2010)年  9月 「社会就労センターきたざと」就労継続支援事業B型定員変更 「peterpan」店舗移転オープン(各定員10名) 
 平成23(2011)年  3月 放課後児童健全育成事業「ビタミンクラブ」廃止
 4月 「社会就労センターきたざと」児童デイサービス「ビタミンクラブ」を開始(定員25名) 
 平成24(2012)年  1月 「デイ・アクティビティセンター銀河」「デイ・センターWIN」廃止
 2月 「デイアクティビティセンターWIN」生活介護事業開始(定員40名)(①銀河グループ20名、②WINグループ20名) 
 3月 「社会就労センターきたざと」児童デイサービス「ビタミンクラブ」廃止 
 4月 「社会就労センターきたざと」定員変更(就労継続支援事業B型定員16名、生活介護事業定員24名)
放課後等デイサービス事業所「ビタミンクラブ」を開始(定員25名)
「セルプ絆」多機能型事業所として開始(peterpan店舗含む)(就労移行支援事業定員10名、就労継続支援事業B型定員10名)
「足利むつみ会足利障害者相談支援センター」指定特定相談支援事業及び指定障害児相談支援事業開始
 10月 「栃木県地域生活定着支援センター」職員派遣協定締結
 平成25(2013)年  3月 「足利むつみ会足利障害者相談支援センター」指定一般相談支援事業開始
 5月 放課後等デイサービス事業「ビタミンクラブ」定員変更(定員30名)
 平成26(2014)年  3月 グループホーム「あゆみの家」定員変更(定員5名)
 4月 「ふくい保育園」開園(定員100名)
12月 足利市屋内子ども遊び場「キッズピアあしかが」開所
 平成28(2016)年 3月 「キッズピアあしかが」併設「子ども映像メディアブース」開設