社会福祉法人足利むつみ会
個人情報保護方針

平成 20 年4 月1 日
社会福祉法人 足利むつみ会
理事長 阿由葉 寛   

 個人情報は個人に属する大切な情報であり、当法人はその個人情報を全ての役員および従業員がそれを大切に取扱うとともにそれを適切に保護するため、次の事項を当法人の当然の責務と認識し、実行します。

  1. 目的
     本会の保有する個人情報の取扱いに関し、必要な事項を定めるとともに、自己に関する個人情報の開示及び目的外の利用等の中止を請求する権利を保障することにより、個人の権利利益を保護することを目的とする。

  2. 個人情報の定義
     個人に関する情報であって、氏名、生年月日等により特定の個人を識別することができるもの又は特定の個人を識別することはできないが、公にすることにより、個人の権利利益を害するおそれがあるものをいう。

  3. 本会の責務
     個人情報の取扱いに当たっては、個人情報保護の重要性を認識するとともに、個人情報の保護に関し必要な措置を講ずる。職務上知り得た個人情報を他人に漏らし、又は不当な目的に使用してはならない。

  4. 個人情報の収集
     当該目的を達成するために必要な範囲内で適正かつ公正な手段により収集する。本人から収集するものとする。(特別な場合を除く。)

  5. 利用及び提供の制限
     個人情報について、本会内部の目的外利用又は本会以外のものに対する提供をしてはならない。(特別な場合を除く。)

  6. 個人情報の管理
     個人情報取扱い事務を行うときは、必要な措置を講じ、適正な維持管理に努める。

  7. 個人情報の開示義務
     当該個人の権利利益を害するおそれがあるもの、支障が生ずるおそれがある、開示することにより個人の利益に反すると認められるもの等の他は開示申請者に対し、当該個人情報を開示するものとする。

  8. 個人情報の開示方法
     通知により指定する日時及び場所において、個人情報を開示する。

  9. 訂正、削除及び目的外利用等の中止の申請
     本会保有の記録されている個人情報に誤りがあるときには、訂正の申請ができる。
     収集の制限を超えて収集されているときは、削除を申請することができる。
     目的外利用がなされているときは、目的外利用等の中止を申請することができる。